iOS 10のコントロールセンターについて説明します

iOS 10のコントロールセンター

iOS 10では「コントロールセンター」の仕様が変更されました。起動方法はこれまでと同様、画面下部から上にフリックします。
最初にiOS 9のコントロールセンターを確認して下さい。

コントロールセンター

ミュージック再生コントローラのあった場所にはAirPlayとAirDropとNight Shiftボタンが移動しました。

AirPlayとAirDropとNight Shiftボタンが移動

ミュージック再生コントローラは左フリックで表れるようになりました。

ミュージック再生コントローラは左フリック

コントロールセンターは「iPhone 6s」、「iPhone 6s plus」から採用された「3D Touch」に対応しています。3D Touchの「画面を押し込む」事によりメニュー表示する事が出来ます。懐中電灯、タイマー、計算機、カメラのボタンを強く押すことによりアプリが起動するのではなく、メニューを表示させることが出来ます。普通の強さでボタンを押すとアプリが起動します。
懐中電灯のメニューでは「明るい」、「普通」、「暗い」の三段階に調節出来るようになっています。

3D Touch

タイマーは、「1時間」、「20分」、「5分」、「1分」から選択出来るようになています。

タイマー

計算機は最新の結果のコピーが出来るようになっています。

計算機

カメラは「写真を撮る」、「スローモーション撮影」、「ビデオ撮影」、「セルフィーを撮る」から選択出来るようになっています。

カメラ

menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢