iOS 10のロック画面について説明します

iOS 10のロック画面

持ち上げるだけでロック画面を表示

当たり前ですが、iPhoneはロック画面を表示するにはホームボタンを押しますが、iOS 10ではiPhoneを手前に持ち上げる事によりロック画面を表示します。(この機能は6S、SE以上です。6以下にはありません)あくまでも手前のみで、横に傾げても表示しません。しかし、これではバッテリの持ちに悪影響を与えるのではと考える方もいると思います。この機能は標準ですが、オフにして従来の設定に戻す事が出来ます。
「設定」の何故か?「画面表示と明るさ」で設定します。

画面表示と明るさ

「手前に傾けてスリープ解除」をオフにします。
これでホームボタンを押さない限りロック画面は表示しません。

ホームボタンを押さない

ホームボタンを押すことでロック解除

iOS 10ではこれまでのスライドでロックを解除が無くなり、ホームボタンを押してロック解除となっています。Touch IDが有効を有効にしておくとホームボタンを押すことによりロック解除となります。しかし、「触る」のではなく「押す」に違和感を覚える場合は、「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ホームボタン」にある「指を当てて開く」をオンにすると「押す」から「触る」に変更出来ます。

スライドでロックを解除が無

左にスワイプするとカメラが起動

iOS 9ではロック画面の右下のカメラアイコンを上にスワイプして「カメラ」アプリを起動しましたが、iOS 10では、ロック画面を左にスワイプする事により「カメラ」を起動出来ます。ロック画面からのカメラ起動はiOS 9と比べると大幅にiOS 10の方が楽になっています。カメラを終了させるにはホームボタンを押します。

左にスワイプするとカメラが起動

右にスワイプするとウィジェットが起動

iOS 9ではウィジェットを起動するには上からのスワイプで通知センターを表示して更に右にスワイプする必要がありました。ところが、iOS 10では、ロック画面を右にスワイプする事によりウィジェットを起動出来るようになりました。iOS 9のロック画面の右スワイプはパスコード入力画面でした。

右にスワイプするとウィジェットが起動

menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢