iOS 10の「メッセージ」アプリについて説明します

iOS 10の「メッセージ」アプリ

「メッセージ」アプリはiOS 10になり大幅に機能が向上しました。「メッセージ」アプリを起動し、左側のにある→をタップすると、カメラ、ハート、App Storeのアイコンと3つのアイコンを表示します。

3つのアイコンを表示

カメラアイコンをタップすると、カメラが起動し、そのまま撮影して送信出来ます。

カメラアイコンをタップ

左にスワイプするとアルバムの写真が選択出来、送信出来ます。

送信

ハートアイコンをタップすると、「Digital Touch」と言う機能が動作します。Apple Watchでは既に採用されていました。手書き文字や、ファイアボールやハートビートを送信出来ます。

Digital Touch

ファイアボールの様子です。

ファイアボール

ハートビートの様子です。

ハートビート

App Storeのアイコンをタップすると、GIFアニメーションや「ミュージック」アプリにある音楽を共有出来ます。

App Store

又、メッセージにエフェクトを付けて送信することも出来ます。エフェクトには「吹き出し」と「スクリーン」があります。エフェクトを付けるには右側にある↑を長押しします。(タップではなく)

エフェクト

「吹き出し」のモードとなっているので、右のメニューから好みをタップします。

吹き出し

「スクリーン」をタップすると風船が表れますが、左にフリックさせると、紙ふぶき、ハート、レーザー、花火、流れ星、お祝いが表れます右にフリックすると戻ります。

左にフリック

紙ふぶき、ハート、レーザー

紙ふぶき、ハート、レーザー

花火、流れ星、お祝い

花火、流れ星、お祝い

menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢