iPhone 7 PlusをiPhone 6 Plusと比較してみて

iPhone 7 PlusとiPhone 6 Plusの比較

外観

ジェットブラック
ジェットブラックの美しい光沢が印象深いのですが、保護ケースに入れると独自のエナメルのような光沢が失われてしまう事です。Apple社もジェットブラックの場合は表面を保護するよう推奨している事から、やむを得ず、保護ケースを使わなくてはならないのが残念です。望ましいのはエナメル光沢を損なわないようなケースを販売される事だと思います。

ホームボタン
ホームボタンがソリッドステートボタンに変わった事。従来のホームボタンはボタンを押すものでしたが、iPhone 7のソリッドステートボタンはボタン部分が窪んでいるだけで、「押す」のではありません。ソリッドステートボタンに触れると「ボコ」と小さな音がします。

ホームボタン

カメラ
広角カメラと望遠カメラとカメラが2つになった事。

カメラが2つ

最大10倍までズーム可能となっています。2つのカメラはiPhone 7 Plusのみとなっています。

ズーム可能

イヤホンジャック
イヤホンジャックが無くなっため、Lightningコネクタの変換コネクタが同梱されています。これも防水対策の一環のようです。

イヤホンジャック

使った感じ

高速
第一に感じた事はiPhone 6 Plusと比較して圧倒的に高速になった事、プロセッサーの性能向上と3GBのメモリに依るものと思います。具体的にはiPhone 6 PlusではFaceTimeで通話中にwebブラウザーを起動すると重い感じがありサクサク動作しませんでしたが、iPhone 7 Plusではサクサク、全く違和感がありません。パソコンで表現するとCeleronプロセッサー搭載とCore i7搭載と同じような感じです。

ステレオスピーカー
音楽を聞くためにiPhone 6 Plusではヘッドホンが必要でしたが、ステレオスピーカーを搭載することによりiPhone 7 Plus本体から音楽を聞く事が出来るようになりました。

Suica対応
Suicaを利用出来るようなりました。カードをiPhoneにかざすと内容を読み取り情報が転送されるようです。

Suica

menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢