iPhoneでマスクをしたままFace IDを解除する方法を説明します

iPhoneでマスクをしたままFace IDを解除する方法

iPhone X以後のiPhoneのロック解除方法はFace IDになっているためマスクをしていると、パスコードを入力する、あるいはマスクをずらすなどと不便でした。iOS 14.5でマスクをしたままFace IDを解除出来るようになったのでその方法を説明します。

前提条件として、この方法にはwatchOS 7.4がインストールされたApple Watch Series 3以降のApple Watchが必要で、iPhone単体では行う事は出来ません。

ここではiOS 14.5をインストール済のiPhone 12ProとwatchOS 7.4をインストール済のApple Watch Series 5を使って説明します。

「設定」の「Face IDとパスコード」をタップし、パスコードを入力して「Face IDとパスコード」を表示させます。

Face ID と パスコード

下の方にスワイプして「APPLE WATCHでロック解除」にあるXXXXさんのApple Watchのスイッチをタップします。

APPLE WATCHでロック解除

「マスクを着用した顔が検出・・・ロックが解除されます」と表示するので「オン」をタップします。

ロックが解除

XXXXさんのApple Watchのスイッチがオンになります。以上で準備完了です。

Apple Watchのスイッチがオン

マスクをしたままでiPhoneのロックを解除出来ます。ロック解除するとApple Watchに通知を表示します。但し、当然の事ながら、Apple Watchを身に着けApple Watchのロック解除しておかないとこの機能は使えませんでした。

iPhoneのロックを解除


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢