iPhoneメールでCc、Bccを使い分ける方法を説明します

Cc、Bccを使い分ける

「Cc、Bcc」は一般的に、同胞メールで使います。同胞メールとは、一度に複数の相手にメッセージ送信するという事です。

Ccとは、carbon copyの略です。carbon copyとは、カーボン紙によるコピーという意味で、参考のために見て下さいという意味で、Ccとして送信するメールアドレスは、全ての同報メール先の人に見えます。

Bccとはblind carbon copyの略で、見えないcarbon copyという事になり、Bccで送信したメールアドレスは同胞メール先の人には見えません。

「CC」「BCC」メールはプライベートよりもビジネスで使う場面が多いようです。

CCはお客様にメールする際、CCを自分の上司にしておくと、事後報告する手間が省けます。

BCCは新製品の案内をお客様にするような場合に使い、BCCを個々のお客にしておくと、他のお客のメールアドレスは見えず、その人のみにメールが届いているように見えます。

「CC」「BCC」は無理矢理使う必要はなく、友達同士の飲み会の通知等であれば、全員を「宛先」にしてしまっても問題ありません。

「Cc、Bcc」を使い分けてメール送信するには、「新規メッセージ」の画面で「Cc/Bcc,差出人」の部分をタップします。

「Cc/Bcc,差出人」

「Cc」を使う場合は宛先となるメールアドレスを入力して、Ccで送信したい相手のメールアドレスを入力(選択)して送信します。

Cc

パソコンで受信すると宛先とCCが分かれて表示しています。CCのメールアドレスは見えます。

受信

「Bcc」を使う場合は宛先には自分のメールアドレスを入力します。BccにはBCCで送信したい相手のメールアドレスを入力(選択)して送信します。

Bcc

パソコンで受信すると差出人と宛先が同じメールアドレスで、それ以外のメールアドレスは見えません。

受信


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢