iPhoneメールのメールのスワイプ/長押しについて説明します

メールのスワイプ/長押し

iPhone「メール」アプリではスワイプ/長押し操作が可能です。覚えておくと便利な機能です。しかし、誤って操作するとメールが消えてしまう事もあります。ここではiPhone「メール」アプリのスワイプ操作について説明します。

左側にスワイプする

メール一覧画面を表示させ、メールを左側にスワイプさせると次のように表示するので、図の当たりでスワイプを辞めます。

左側にスワイプ

左側まで完全にスワイプするとメールはゴミ箱に入ってしまいます。

ゴミ箱

万一消えてしまったもゴミ箱フォルダにあります。

ゴミ箱

「その他」をタップすると、返信や転送が出来ます。

返信や転送

「フラグ」をタップすると、マークが付き、後から読む場合に便利です。

フラグ

右側にスワイプする

開封済みのメールを右側にスワイプして「未開封」をタップすると未開封になります。

右側にスワイプ

未開封のマークが付きます。

未開封

未開封のメールを右側にスワイプして「開封」をタップすると開封になります。

開封

長押し

長押しは「3D Touch」のiPhoneのみ(iPhone 6s以後)利用可能です。

メールを長押しすると、メール内容を確認出来ます。

確認

右側にスワイプすると開封/未開封に出来ます。

右側にスワイプ

左側にスワイプするとゴミ箱に入れられます。

左側にスワイプ


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢