watchOSのアップデート方法を説明します

watchOSのアップデート

iOSと同様にApple WatchのOSであるwatchOSにもアップデートがあります。watchOSのアップデートにより新機能、進化、改善点、バグ修正等に対応するのでアップデートが公開されたらアップデートを行う事を推奨します。2020年9月、最新のwatchOS 7.0.1がリリースされたので、この最新版へのアップデート方法を説明します。

watchOSにアップデートがあるとiPhoneの「Watch」のアイコンに①(バッジ)が付きます。

アップデート

アップデート作業を始める前に最初に、Apple Watchのバッテリーが50%残っていることを確認した上で、Apple Watchを充電器に接続します。

ここからはiPhoneの作業となります。iPhoneの「Watch」アイコンをタップすると「一般」に①とあるのでタップします。

iPhoneの作業

「ソフトウェア・アップデート」をタップします。

ソフトウェア・アップデート

「ソフトウェア・アップデート」では最新のwatchOSを表示するので、「ダウンロードとインストール」をタップします。

watchOS 4.2.2

パスコードを入力するよう求められるので入力します。利用規約を表示するので、画面右下の「同意する」をタップします。

利用条件

「ダウンロード中」となり、残り時間を表示します。

ダウンロード中

「準備中」と表示した後、「確認中」と表示し、更に「インストール中」と表示します。

インストール中

Apple Watchからもアップデートが始まった事が確認できます。ここからかなり時間がかかるので時間に余裕を持って行う事を推奨します。

アップデート

iPhoneで次のにように表示すると完了です。

完了

Apple Watchからは「アップデート完了」の通知を表示します。

完了


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢