iPhoneのメールを非公開にする方法を説明します

iPhoneのメールを非公開

iPhoneのメールを非公開とは、匿名メールアドレスを作成出来る機能です。サイトにメールアドレスを登録する際、信頼性が乏しかったり怪しげなサイトの場合、いわば本名であるメールアドレスで登録するのは危険であると言えます。匿名といってもApple IDのメールアドレスで受信出来ます。つまり、正式のメールアドレスを隠して異なるメールアドレスを作成出来る機能です。但し、「iCloud+」の機能の一つとなっているため、iCloud+を利用していないと使う事は出来ません。

iCloud+とは、iCloudのストレージ容量を増やすサブスクリプションで50GBが130円、200GBが400円、2TBが1300円、いずれも月額です。使用するための方法は詳細についてはサイト内のiCloudの容量を増やすで説明しています。

「設定」の一番上のApple IDをタップします。

Apple ID

「iCloud」をタップします。

「iCloud」をタップ

「メールを非公開」をタップします。

「メールを非公開」をタップ

「新しいアドレスを作成する」をタップします。

新しいアドレスを作成する

新たなメールアドレスを表示します。自分で決める事は出来ませんが、このメールアドレスが気に入らない場合は「別のアドレスを使用する」をタップします。このメールアドレスを使うのであれば「続ける」をタップします。

新たなメールアドレス

「アドレスにラベルを付ける」を表示します。ここではラベル名としてメルマガ用としました。メモを作成は空欄です。右上の「次へ」をタップします。

「完了しました」と表示するので、「完了」をタップします。

完了

前の画面に戻り、新しいメールアドレスが追加されています。

新しいメールアドレスが追加

パソコンのOutlookからこのメールアドレス宛に送信してみます。

送信

Apple IDのiCloudのメールアドレスに届きました。「メールを非公開」を使うと、正しいメールアドレスを隠して匿名のメールアドレスを使うことが出来、セキュリティが向上する訳です。

メールを非公開


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢