iOS15のiPhoneのSafariの基本を説明します

iOS15のSafariの基本

SafariとはiPhoneでインターネットを閲覧するためのApple社の標準のブラウザーアプリです。WindowsのインターネットエクスプローラーやMicrosoft Edgeに相当するものです。ここではiOS15のSafariの基本について説明します。iOS14のSafariの基本についてはこちらをご覧ください。

iPhoneを含めスマートフォンの画面はパソコンより小さいため、同じホームページであってもパソコンとiPhoneでは表示が異なる場合がありますが、それは「レスポンシブ対応」と言いわれる手法で作成されているからで、当サイトもレスポンシブ対応をさせてあります。iPhoneとWindowsと両方でご覧頂けると理解出来ると思います。

ここではSafariの基本について説明します。

Safariの画面について

Safariの画面を説明します。

Safariの画面

Safariの検索方法

Safariで検索するには、ドックないしホーム画面の「Safari」をタップして起動させます。パソコンとは異なり、最初に開く画面は直前に開いた画面となります。パソコンのように特定のページを開くという概念はありません。アドレスバーをタップします。

Safariの検索方法

次のように表示するので、アドレスの部分を「X」もどるキーをタップしてアドレスを消します。

Safariの検索方法

キーボードで閲覧したいURLや検索キーワードを入力します。「Siriから提案されたWebサイト」、「Google検索」、ブックマークや履歴がある場合はその下に表示して検索候補を表示します。

Safariの検索方法

「Google検索」の検索候補をタップすると、Google検索の検索結果を表示します。

Google検索


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢