Safariで閉じたタブを再度開く方法を説明します

Safariの「リーダー」機能

Safariで誤動作等により見ていたタブを閉じてしまった場合、焦る必要はありません。簡単に閉じたタブを再表示させる方法があります。

Safariでタブ操作を行っていると誤ってタブ右上のXをタップしてしまってタブが閉じてしまう場合があります。

タブが閉じてしまう

誤ってタブを閉じてしまいました。閉じたタブを再度開くには、左下にある「+」をタップではなく長押しします。タップするとタブの追加となります。

「+」を長押し

「最近閉じたタブ」を表示します。再度開きたいサイトをタップします。

最近閉じたタブ

表示させる事が出来ます。

表示

「最近閉じたタブ」の履歴を削除したい場合は「設定」の「Safari」をタップし、「履歴とWebサイトデータを消去」をタップします。但し、全ての閲覧履歴が消去されます。Safariを終了させるだけでは履歴削除は出来ません。

履歴とWebサイトデータを消去

「履歴とデータを消去」をタップします。

履歴とデータを消去


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢