Apple Watchのコントロールセンターについて説明します

Apple Watchのコントロールセンター

Apple WatchにもiPhoneと同様にコントロールセンターがあります。コントロールセンターとは素早くアクセスしたい機能をまとめた場所と言えます。iPhoneのコントロールセンターはロック画面からもアクセス出来ます。

Apple Watchでもコントロールセンターは素早くアクセス出来るように、文字盤を上にスワイプするだけです。バッテリー残量はここから確認出来ます。他に、Wi-Fi、iPhone呼び出し、消音モード、おやすみモードのオン/オフが出来ます。

コントロールセンター

更に上にスワイプすると、次にように表示します。シアターモード、防水ロック、機内モード、Airplay、トランシーバーのオン/オフと懐中電灯になります。

コントロールセンター

iPhone呼び出し

iPhoneが自宅内や事務所内で見つからない場合、iPhoneから音を出すことができます。iPhoneがミュートになっていても音が出ます。図のアイコンをタップします。

iPhoneからはアラーム音が鳴り、Apple Watchには「iPhoneを呼び出し中」と表示します。

iPhone呼び出し

防水ロック

Apple Watchには防水機能がありますが、普通の時計とは異なるのは「防水ロック」をする事により防水機能をオンにする事です。そのままでは防水になっていないので注意が必要です。

図の部分をタップすると防水機能がオンになります。防水機能がオンになると文字盤にアイコンを表示します。

防水ロック

防水機能を解除するには、デジタルクラウンを回します。ロックが解除されると音が鳴り次にように表示します。

防水ロック


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢