iPhoneはタッチスクリーンを指で触って操作します

iPhoneのタッチスクリーン操作

iPhoneの基本中の基本の操作であるタッチスクリーンの操作方法を説明します。タッチスクリーンの操作が、iPhoneを使うために、まず最初に覚えるべき操作です。

タップ

タップとは、パソコンのマウスのクリックと同じです。つまり、iPhoneではクリックの事をタップと言います。タップするには指で軽くたたくように触ります。ホーム画面にある、いずれのアイコンをタップするとアプリが起動します。

タップ

設定ではスイッチをタップする事により、オン/オフにする事が出来ます。

タップ

ダブルタップ

ダブルタップとは、パソコンのダブルクリックとは意味が異なります。パソコンでダブルクリックするとファイルやアプリが開きますが、iPhoneでダブルタップすると写真や地図を拡大させる事が出来ます。ダブルタップするには、画面を軽くたたくような感じで触りますが慣れが必要です。写真をダブルタップすると拡大します。

ダブルタップ

写真が拡大します。再度ダブルタップすると元のサイズに戻ります。

ダブルタップ

スワイプ

スワイプとは、タッチスクリーンに指を触れ、そのまま上下左右にスライドさせます。Safariで左右にスワイプするとページを切り替える事が出来ます。

スワイプ

ドラッグ

ドラッグとは、タッチスクリーンに指を押しつけ、そのまま上下左右に移動させる動作の事です。 パソコンのマウスのドラッグと同様です。 画面画像や写真などの位置を動かす場合に使います。 地図はドラッグして動かします。

ドラッグ

フリック

フリックとは、タッチスクリーンに指を触れ、そのまま左右に払う感じで動かす事です。写真をフリックさせると、次から次へめくるように見る事が出来ます。

フリック

長押し

長押しとは、タッチスクリーンに指を当てたまま長押しする事です。Live Photos(ライブフォト)の写真を長押しすると3秒間の動画を再生します。しかし、強く押すとタッチスクリーンが壊れるおそれがあるので注意が必要です。

長押し

ピンチイン

ピンチインとは、タッチスクリーンを2本の指で画面をつまむようにする事です。マップでピンチインすると地図を縮小できます。

ピンチイン

ピンチアウト

ピンチアウトとは、タッチスクリーンを2本の指で画面を広げるようにします。マップでピンチアウトすると地図を拡大できます。

ピンチアウト


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢