iPhoneはタッチスクリーンを指で触って操作します

iPhone 6のタッチスクリーン操作

iPhoneはタッチスクリーンを指で触って操作します。触り方により呼び方があるので覚えておいた方が良いでしょう。

タップ

ホーム画面のアイコンを指で軽くたたくように触ります。パソコンでのマウスのクリックに相当します。

タップ

タッチスクリーンのタッチ出来る部分を指で軽くたたくように触ります。

タップ

ダブルタップ

写真を指で軽くたたくように2回触ります。パソコンでのマウスのダブルクリックに相当します。

ダブルタップ

写真が拡大します。再度ダブルタップすると元のサイズに戻ります。

ダブルタップ

スワイプ

タッチスクリーンに指を触れ、そのまま左右にスライドさせます。Safari等のブラウザーで行うとページを切り替える事が出来ます。

スワイプ

ドラッグ

タッチスクリーンに指を触れ、上下左右好きに画面上をなぞります。マップ等で行うと地図を移動させる事が出来ます。

ドラッグ

フリック

タッチスクリーンに指を触れ、そのまま左右に払う感じで動かします。写真をめくる感じで見る事が出来ます。

フリック

長押し

タッチスクリーンの特定の場所に暫く指を触れます。マップで行き方を調べたい場合に長押しするとピンをドロップ出来ます。強く押すとタッチスクリーンが壊れるおそれがあるので注意が必要です。

長押し

ピンチイン

タッチスクリーンを2本の指で画面をつまむようにします。マップで行うと縮小できます。

ピンチイン

ピンチアウト

タッチスクリーンを2本の指で画面を広げるようにします。マップで行うと拡大できます。

ピンチアウト


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢