iOS 14の新機能、デフォルトアプリの変更

デフォルトアプリの変更

iOS 14では、デフォルトアプリを変更出来るようになりました。デフォルトアプリとは、例えば、メールの文章にリンクがあり、それをタップするとブラウザアプリが起動してインターネットを表示しますが、リンクに紐づいているブラウザアプリの事です。

尚、この機能はiOS 14のバグによりiPhoneを再起動すると元に戻ってしまう現象があったようですが、バグフィックス版のiOS 14.0.1により修正されています。

iOSのデフォルトアプリは、ブラウザアプリは「Safari」、メールアプリは「メール」となっています。Windowsの場合、デフォルトアプリは自分で好みのものに変更可能ですが、これまでのiOSでは変更する事が不可となっていました。

iOS 14の新機能として、デフォルトアプリをメールアプリを「Gmail」や「Outlook」に変更したり、ブラウザアプリを「Chrome」や「Edge」に変更出来るようになりました。

ここでは、デフォルトブラウザアプリをMicrosoft Edgeに変更する方法を紹介します。Microsoft Edgeとは、Windows 10の標準ブラウザーです。

デフォルトアプリを変更するには、「デフォルト」にしたいアプリを「設定」から開きます。設定にあるアプリ一覧は下の方にあるので、スワイプします。アルファベット順になっています。

設定

「デフォルトのブラウズApp」がSafariになっているのでタップします。

デフォルト

このiPhoneにインストールされているブラウザアプリの一覧を表示するので、「Edge」をタップします。

ブラウザアプリの一覧

Edgeがチェックされました。以上で設定は完了です。

完了

受信したメールのリンクをタップしてみます。

リンクをタップ

Edgeが起動してリンクを表示します。

リンクを表示


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢