iOS 14の新機能、ホーム画面のカスタマイズ(ウィジェット、Appライブラリ)

ホーム画面のカスタマイズ(ウィジェット、Appライブラリ)

iOS 14ではホーム画面をカスタマイズ出来るようになりました。ここではホーム画面のカスタマイズ方法を説明します。尚、iOS 14はiPhone 6s以上、iPhone SE(第1世代)からの対応となっています。

ウィジェット

iOS 14の最大のアップデートと言われるのが「ウィジェット」です。ウィジェットとは、分かりやすく言うとかつてのWindows Vistaのガジェットや、Mac OS Xのダッシュボードのような画面上にアプリケーションを表示させる機能の事です。

ホーム画面にウィジェットを表示させるには、ホーム画面を編集モードにします。ホーム画面を編集モードにするには、アイコンを長押しして「ホーム画面を編集」をタップするか、アイコンの長押しを続けるか、アイコンを長押したまま上下左右にドラッグするか、ホーム画面の余白部分を長押しします。

ウィジェット

ホーム画面のアイコンが揺れて編集モードになります。画面左上の「+」をタップします。

編集モード

ウィジェットの一覧を表示します。ホーム画面に表示させたいウィジェットをタップします。ここでは「天気予報」をタップしました。

ウィジェットの一覧

次のように表示するので、「ウィジェットを追加」をタップします。

ウィジェットを追加

更にウィジェットを追加したいのであれば、画面左上の「+」をタップし、終えるのであれば、右上の「完了」をタップするか、下から上にスワイプするか、ホームボタンを押したりして編集モードを終えます。

ウィジェットを追加

好みのウィジェットを追加出来ました。

ウィジェットを追加

尚、ウィジェットには表示内容を変えたり、サイズを変更出来るものがあり、サイズは小、中、大があります。アプリにより表示項目が異なります。例えば、「時計」アプリでは、3つの表示があります。画面下部の「・」の数が表示数となります。

ウィジェットを追加

「・」の無いアプリは表示項目は1つしかありません。

表示項目

ウィジェットに何を設定すれば分からない場合は、「スマートスタック」にしておくと最大10個のウィジェットをまとめられて、自動的に切り替わります。

スマートスタック

上下にスワイプして手動で切り替える事も出来ます。

スマートスタック

Appライブラリ

これまでiPhoneでは手動でフォルダーを作成してアイコンをまとめる事は出来ましたが、iOS 14の「Appライブラリ」では自動でアプリをまとめる機能が備わりました。

「Appライブラリ」を表示するにはホーム画面の最後(3面あったら最後の面)を左にスワイプすると表示します。

Appライブラリ

Appライブラリは初めからフォルダーのようになっていて、カテゴリーごとにアプリがまとめられています。アプリはフォルダーに入っている訳ではなく、アイコンをタップすると起動します。

Appライブラリ

Appライブラリの画面を下にスワイプすると、アプリの一覧がアルファベット順に表示します。

Appライブラリ


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢