iPhoneのコントロールセンターとは、ロック画面やホーム画面から各種設定ができる機能です

iPhoneのコントロールセンター

コントロールセンターとは何?と思う方も多いと思います。iPhoneのコントロールセンターとは、ロック画面やホーム画面から各種設定ができる機能です。iOS11から以前のiOSのコントロールセンターとは使い方が大きく変わりました。ここではiOS11以後のコントロールセンターについて説明します。

コントロールセンターはロック画面やホーム画面から、画面下からスワイプさせて表示させます。

コントロールセンター

コントロールセンターは標準の機能として、機内モードのオン/オフ、モバイルデータ通信のオン/オフ、Wi-Fiのオン/オフ、Bluetoothのオン/オフ、AirDropの設定、インターネット共有(テザリングの機能)のオン/オフ、画面ロックのオン/オフ、おやすみモードのオン/オフ、画面ミラーリング、画面の明るさの調整、ボリューム、ミュージックの再生、懐中電灯起動、タイマー起動、計算機起動、カメラ起動を行う事が出来ます。

しかし、その内、AirDropとインターネット共有は画面には表示していません。AirDropは以前のiOSでは表示していたため、戸惑う方が多いのではないでしょうか。インターネット共有(テザリングの機能)はiOS11から追加になっています。AirDropとインターネット共有を表示させるには図の部分を長押しします。

コントロールセンター

ボタンが6つになり、AirDropとインターネット共有を表示します。

オフ

しかし、ロック画面からコントロールセンターを表示するのが邪魔な場合は表示出来ないようにすることが出来ます。「設定」、「Touch IDとパスコード」をタップして「コントロールセンター」をオフにします。

オフ


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢