iPhoneのパスコードとは、ロック画面を解除する際に使うパスワードの事です

パスコードの変更

iPhoneのパスコードとは、ロック画面を解除する際に使うパスワードの事です。iPhoneを紛失したり、置き忘れたりした際にiPhoneのデータを保護する大変に重要なものです。

iPhoneには、電話帳やメールといったプライバシーに重大な影響を及ぼすデータが入っています。パスコードはそれらを守る唯一の重要な機能です。

iPhoneの以前はパスコードは4桁が標準でした。その後、iOS9からは6桁になっています。しかし「000000」や「999999」とかでは危険です。簡単に見破られてしまいます。

パスコードは英数字の組み合わせることにより、好みに設定出来ます。但し、パスコードを忘れると初期化が必要となるため注意が必要です。

Touch IDに対応している場合は、指紋認証の設定をした上で、パスコードも正しく設定します。パスコードを変更するには、「設定」、「Touch ID とパスコード」をタップします。現在のパスコードを入力すると次の画面を表示するので、「パスコードを変更」をタップします。

パスコードを変更

現在のパスコードを入力します。

現在のパスコード

「パスコードオプション」をタップします。

パスコードオプション

セキュリティ上、「カスタムの英数字コード」か、「カスタムの数字コード」を選択します。ここでは「カスタムの数字コード」をタップしました。

カスタムの数字コード

新しいパスコードを入力しますが、桁数に制限はありません。「次へ」をタップします。

新しいパスコード

新しいパスコードを再入力後、「完了」をタップします。

新しいパスコード

「iCloudセキュリティコード・・・」と表示した場合は「使用する」をタップします。

使用する

パスワードを入力してOKをタップします。

パスワード

更に、セキュリティを強めるために、パスコードを10回間違うとiPhoneの全データを消去させる事が出来ます。「設定」、「Touch ID とパスコード」の一番下にある「データを消去」をオンにします。

「データを消去」をオン


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢