iPhoneのロック画面とは、ロックが掛かっている画面の事です

ロック画面の設定

iPhoneのロック画面とは

iPhoneのロック画面とは、ロックが掛かっている状態の事です。ロック画面は、画面が真っ黒な状態である、スリープを解除すると表示します。

ロック画面はパスコードやTouch ID(指紋認証)によりロックを解除出来ます。つまり、他人が勝手にiPhoneを開けられないようになっています。

ロック画面の壁紙を変更する設定方法については、こちらの「壁紙の変更方法」でカスタマイズの仕方を紹介しています。尚、このページで使っている画像は既にカスタマイズしてあります。

尚、iPhone6s以後のiPhoneには「手前に傾けてスリープ解除」という機能があり、iPhoneを手前に傾けるとロック画面を表示します。「設定」にある「画面表示と明るさ」からオン/オフを設定出来ます。

パソコンの場合、ロック画面はWindows7まではありませんでしたが、Windows8から採用されるようになり、最新のWindows10も起動すると最初にロック画面を表示します。

ロック画面を解除するには、パスコードの場合でもTouch ID(指紋認証)の場合でもホームボタンにタッチします。Touch IDであればタッチするだけで指紋認証によりロック画面を解除出来ます。

スライド

パスコードの場合はパスコード入力の画面を表示します。パスコードを入力してロック解除できます。

パスコード

ロック画面には通知機能があり、アプリからのお知らせや新着メッセージを画面に表示します。

通知機能

パスコードの桁数を変更する

ロック画面のパスコードは標準では6文字の数字ですが、桁数を変更したり、英数字を合わせるなどパスワードセキュリティを堅牢にする事が出来ます。

ホーム画面から「設定」をタップし、「Touch IDとパスコード」をタップします。

パスコード

現在のパスコードを入力します。

パスワード

「パスコードを変更」をタップします。

「パスコードを変更」をタップ

現在のパスコードを入力し、「次へ」をタップします。

現在のパスコード

「パスコードオプション」をタップします。

パスコードオプション

「カスタムの英数字コード」、「カスタムの数字コード」、それとiOS8までの「4桁の数字コード」から選択できます。ここでは「カスタムの数字コード」を選択します。

「カスタムの英数字コード」では英数字混在で長さは好きなだけ、「カスタムの数字コード」では数字で長さは好きなだけに設定出来ます。「4桁の数字コード」はセキュリティ上辞めたほうが良いと思います。

カスタムの数字コード

次のように表示し好みの桁数を入力する事が出来ます。パスコードを入力後、右上の「次へ」をタップし、パスコードを再入力後、右上の「完了」をタップします。

好みの桁数を入力

ロック画面でホームボタンを押すと、変更前は6桁の入力画面でしたが、長いパスコードを入力する画面を表示します。

長いパスコードを入力する画面を表示


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢