iTunesを使ってiPhoneをバックアップする方法

iPhoneでiTunesを使いバックアップする方法

iPhoneをバックアップしておく事は重要です。万一、致命的な障害が生じたり、紛失したりしても復元させる事が出来ます。新型のiPhoneを購入した際も元のデータを復元させる事も可能だからです。

iPhoneをバックアップをするには、今回ここで紹介するiTunesを使う方法とiCloudを使う方法とがあります。iCloudを使う方法ではwifiが必要でパソコンは不要です。iTunesを使う方法ではwifiは不要でパソコンは必要です。

又、iCloudは無料の範囲が5GBなので、iPhoneで既にオーバーしている場合は使う事は出来ず、iTunesを使う事になります。

最初にパソコンでAppleホームページから最新のiTunesをダウンロードしてインストールします。

iTunesをインストールしたら「編集」をクリックして、「環境設定」をクリックします。

環境設定

デバイスをクリックして、「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックして「OK」をクリックします。

自動的に同期しない」にチェック

パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続します。iTunesに次のように表示するので、「続ける」をクリックします。

USBケーブルで接続

「アクセスを許可するにはiPhoneで応答して下さい」と表示します。

iPhoneで応答

iPhoneで次にように表示するので「信頼」をタップします。

「信頼」をタップ

iTunesにiPhoneのアイコンが表示するようになります。このアイコンをタップします。

iPhoneのアイコンが表示

バックアップ、自動的にバックアップのところで、「このコンピューター」を選択し、「iPhoneのバックアップを暗号化」をチェックします。手動でバックアップ/復元のところにある、「今すぐバックアップ」をクリックします。

「今すぐバックアップ」をクリック

次のように表示したら、任意のパスワードを例えばiPhoneのパスコードを入力します。このパスワードは復元時に使います。

パスワード

バックアップを作成中と表示してバックアップが始まります。ちなみに僕のこのiPhone7Plusは22GBを使っています。(つまりiCloudではバックアップ出来ないということです)一体どれだけの時間で終わるのか興味深いものがあります。

バックアップ

Appleのロゴを表示すると完了です。約5分で完了しました。以外と早いものです。

完了

次にバックアップしたデータを確認します。「編集」をクリック、「環境設定」をクリック、デバイスをクリックし、「デバイスのバックアップ」の箇所に記述があればバックアップは成功している事になります。

成功

menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢