iPhoneのアプリを間違って削除出来ないようにする

アプリを間違って削除出来ないようにする設定方法

iPhoneを使い続けて行くと無数にアプリをインストールしてしまい、ホーム画面も何枚にもなってしまい、目的のアイコンが見つからず、無くなっている事があります。

誤ってアプリを削除してしまった、という事もあるはずです。

しかし、不要なアプリはこの方法により削除出来ます。現在のiOSでは純正のアプリも削除出来るようになっています。純正アプリは誤って削除した場合は、App Storeから再インストールする事が出来ます。

アプリの削除はアイコンをタップするのを、間違えて、長押ししてしまい、アイコンが震えてXが付いている時に起こります。

間違って長押し

Xをタップして「削除」をタップするとアプリは削除されます。不要なアプリであればこの方法で削除します。

削除

アプリを間違って削除出来ないようにするには、「設定」、「一般」の「機能制限」をタップします。

機能制限

「機能制限を設定」をタップします。

機能制限を設定

「機能制限パスコード」を入力します。機能制限パスコードは4桁のパスコードです。パスコードと同様に忘れないようにします。再入力があります。

機能制限パスコード

「Appの削除」をオフにします。

「Appの削除」をオフ

以上の設定により、アイコンを長押しして震えさせてもXは付かずアプリを削除出来ません。

削除出来ません


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢