iPhoneのズーム機能

HOME > 活用 > ズーム機能

ズーム機能

一般的にシニア世代にとっては、スマホ画面の文字は小さくで読みづらいと感じるはずです。iPhoneも例外ではなくシニア世代から敬遠される一因となっています。

メールや写真はピンチアウトにより拡大出来たり、Safariは「ぁ」と「あ」をタップする事で調整可能ですが、LINE等多くのアプリでは文字は小さいままです。

ところがiPhoneには「ズーム機能」なる機能が備わっていて簡単な設定と操作により画面を1.2倍から最大15倍までに拡大表示する事が可能です。

「ズーム機能」を設定する前に知っておくべき事があります。「ズーム機能」には「フルスクリーンズーム」と「ウインドウズーム」とがあります。「フルスクリーンズーム」とは、画面全体を拡大する機能で、「ウインドウズーム」とは画面の一部(サイズは設定可能)見たい部分のみを拡大する機能です。

「フルスクリーンズーム」にすると逆に多数の方は非常に見づらくなるはずです。従い、「ウインドウズーム」にするべきです。しかし、iPhoneでは標準では「フルスクリーンズーム」になっているため、まずは「ウインドウズーム」に切り替えてから利用する事を推奨します。操作方法を理解しないで「フルスクリーンズーム」にすると非常に困った事となるので注意が必要です。

「ズーム機能」の設定

「ズーム機能」を設定するには、「設定」の「アクセスビリティ」をタップして、「ズーム」をタップしてオンにします。

「ズーム」をタップしてオン

「ズーム機能」をオンにするといきなり「フルスクリーンズーム」となります。普通にドラッグしてもドラッグ出来ません。3本指でドラッグします。この画面を見た途端に「いやだ」と思ったら3本指で2回タップします。元に戻ります。しかし中々上手いきません。ポイントはダブルクリックの感じで行うと上手くいくようです。

フルスクリーンズーム

「ズーム機能」から再度設定します。「ズームコントローラー」がオフになっているのでタップします。

ズーム機能

「コントローラーを表示」をタップしてオンにします。「コントローラー」が表示します。「ズームコントローラー」により3本指での操作が不要となります。

ズームコントローラー

ズーム機能に戻ります。「ズーム領域」が「フルスクリーンズーム」になっているのでタップします。

フルスクリーンズーム

「ウインドウズーム」をタップします。以上で設定完了です。

ウインドウズーム

「ズーム機能」の使い方

「ズームコントローラー」はロック画面にも表示します。ロック解除してホーム画面からLINEを開いても「ズームコントローラー」は表示しています。

ズームコントローラー

「ズームコントローラー」を押したままにすると「ウインドウズーム」に変化します。ドラッグで自由に移動出来ます。「ウインドウズーム」を離すと「ズームコントローラー」に戻ります。

ウインドウズーム

「ズームコントローラー」をダブルタップすると「ウインドウズーム」を表示します。ウインドウ下真ん中の白い部分をドラッグすると移動出来ます。

ウインドウズーム

「ズームコントローラー」をドラッグするとiPhoneの縮小画面になって「ウインドウズーム」を自由に移動させる事が出来ます。

ウインドウズーム

「ズームコントローラー」をタップするとメニューを表示します。

コントローラーが消えている場合は「コントローラーを表示」となりタップするとコントローラーを表示します。下部のスライダーで拡大縮小率を変更出来ます。

メニュー

「ウインドウズーム」を消したい場合は「縮小」をタップします。「ズームコントローラー」をダブルタップしても「ウインドウズーム」は消えます。

ウインドウズーム


menu

Copyright ©2014- rakumu Corp All Rights Reserved.
運営者>>web/seo 有限会社楽夢
お問合せ