AppleWatch無しでマスクをしたままiPhoneのロックを解除する方法を説明します

AppleWatch無しでマスクをしたままiPhoneのロックを解除する方法

マスクをしたままiPhoneのロックを解除するにはAppleWatchが必要でした。ところが、iOS15.4の機能によりAppleWatchが不要でロック解除出来るようになりました。しかし、サポートされるiPhoneは現在ではiPhone 12とiPhone 13のみとなります。

コロナにより外出時にはマスクをするのが義務となり、顔認証であるFace IDはマスクをしたままではロック解除出来ず、パスコードを入力するといった面倒に悩まされていました。iOS15.4のマスクをしたままiPhoneのロックを解除する方法は現在において大変にありがたい機能です。

最初にiOS15.4をインストールします。

iOS15.4

インストール完了後、「続ける」をタップします。

インストール完了

「マスク着用時にFace IDを利用する」をタップします。

マスク着用時にFace IDを利用する

メガネをかけている人はメガネをかけます。「開始」をタップして、スキャンを開始します。

スキャンを開始

2回目のスキャンではメガネを外す必要があり、メガネをかけていると外すように促されるるので「続ける」をタップします。

メガネ

「やり直す」をタップします。

やり直す

完了すると次のように表示するので「完了」をタップします。複数のメガネがある場合は「メガネを追加」をタップします。最大で4本のメガネを登録出来るようです。

完了

設定してみると、マスクをして、メガネをかけたままでも、メガネを外してもロックを解除出来るようになりました。


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢