iPhoneのVPN設定

HOME > 基本設定 > iPhoneのVPN設定

VPN設定

VPNとは「Virtual Private Network」の略語で日本語では仮想専用線と訳されています。VPN接続はインターネット上の仮想の専用線で特定のユーザーだけが利用出来る専用のネットワークです。VPNはセキュリティを向上させ安全なデータの送受信が出来ます。具体的には、VPN接続により、盗み見や盗聴といったリスクを避けて安全な通信が出来ます。

例えば、フリーWi-Fiにはセキュリティが無くリスクが潜んでいます。そのためiPhoneでフリーWi-Fiを利用する場合はVPNを利用する事が推奨されます。又、テレワークで会社のネットワークに接続する場合は一般的にはVPNが必須となります。ここでは筑波大学が提供する無料のVPNサービスVPN Gateを使って設定方法を説明します。

「設定」の「一般」にある「VPNとデバイス管理」をタップします。

VPNとデバイス管理

「VPN」をタップします。

「VPN」をタップ

「VPN構成を追加」をタップします。

VPN構成を追加

次のように表示するので、「タイプ」をタップします。

「タイプ」をタップ

「L2TP」をタップし、「構成を追加」をタップします。

「L2TP」をタップ

vpngate.net/ja/にアクセスして筑波大学のVPNサーバー一覧を表示させます。(これはパソコンから見たものです)

VPNサーバー一覧

iPhoneの画面で、説明には適当な文字を、サーバにはVPNサーバー一覧からサーバーを選択して入力し、アカウント、パスワード、シークレットには「vpn」と入力したら、右上の「完了」をタップします。

「完了」をタップ

状況をオンにして「接続中」になるとVPN接続されています。

接続中

リモートホスト名の参照にアクセスしてリモートホストを確認すると「vpngate」になっている事が確認出来ます。

リモートホストを確認

「設定」の項目に「VPN」が追加されます。

「VPN」が追加


menu
Copyright ©2014- rakumu Corp All Rights Reserved.
運営者>>web/seo 有限会社楽夢
お問合せ