「設定」アプリの使い方

HOME > 基本設定 > 「設定」アプリの使い方

iPhoneの「設定」アプリの使い方

Windowsで設定を変更するのは「設定」がメインで、以前のWindowsでは「コントロールパネル」を使っていました。

しかし、Windowsの場合は「設定」や「コントロールパネル」をしばしば使う人は多くはありません。

何故なら、Windowsでは右クリック等で設定が出来るからです。Windowsで一番カスタマイズするのは壁紙ですが、Windowsで壁紙を設定するには、右クリックで出来ます。

しかし、iPhoneには右クリックは無く、壁紙を設定するには「設定」アプリから行う以外に方法はありません。Wi-Fi設定もWindowsであればタスクバーから出来ますが、iPhoneでは「設定」から行います。

iPhoneでは基本的にあらゆる設定を行うのが「設定」アプリです。非常に重要なアプリであると言えます。

「設定」アプリもホーム画面にアイコンがあります。iPhoneで「設定」といったらこのアイコンの事を指します。

設定

「設定」をタップすると、次のように表示します。iPhoneの標準アプリで設定項目のあるものは後ろの方に、更に、後からインストールしたアプリの設定箇所は後ろの方にあります。ここでは4面表示していますが、後からインストールしたアプリが多いと更に面の数は多くなります。

「一般」の項目では様々な設定が出来ます。

設定

設定

壁紙を変更したい場合は「壁紙」をタップします。

壁紙

「壁紙を選択」をタップします。

壁紙を選択

「静止画」をタップします。

静止画

好みの壁紙をタップします。

壁紙

「設定」をタップします。

設定

「両方に設定」をタップします。

両方に設定

以上で完了です。好みの壁紙に変わりました。

壁紙


menu
Copyright ©2014- rakumu Corp All Rights Reserved.
運営者>>web/seo 有限会社楽夢
お問合せ