iPhoneのシステムの触覚について説明します

システムの触覚

iPhoneの機能に「システムの触覚」というものがあります。これは特定の操作に対して小さく振動することです。ある操作を行うと、微かな振動が手に伝わります。但しこの機能があるのはiPhone 7以後のiPhoneのみです。

iPhone 7以後のホームボタンのあるiPhoneで、ホームボタンを押した際も小さく振動しますが、これは「システムの触覚」ではありません。このホームボタンは物理的な「ボタン」ではありません。以前のiPhoneのようにボタンを押しても沈み込む事はありません。押した事を示すために振動します。

次のシーンで「システムの触覚」が表れます。

などとなります。しかし、以前はコントロールセンターや通知センターを表示させても感じていたような記憶があります。

しかし、個性的な機能なので、この触覚が気に入らない事もあるのではないでしょうか。「システムの触覚」はオフにすることが可能です。「設定」→「サウンドと触覚」をタップして、一番下にある「システムの触覚」をオフにします。

「システムの触覚」をオフ

又、ホームボタンを押した際の振動は「システムの触覚」ではないため、ここからはオフにできませんが、ホームボタンの振動の強さを変更する方法はあります。

「設定」→「一般」→「ホームボタン」をタップします。①、②、③とありますが、①が一番弱い振動です。「完了」をタップすると設定完了です。

振動の強さを変更


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢