iPhoneの「App内課金」とは何?

HOME > 基本操作 > 「App内課金」とは

「App内課金」とは

App Storeから無料アプリをインストールしようとすると「App内課金」と表示する事があります。しかし、「課金」とは果たして有料ではないのかと、疑う人もいるのではないでしょうか。

結論を言うと、「App内課金」は無料です。アプリをインストールする事自体は無料です。

例えば、ゲームをApp Storeからインストールしようとすると「App内課金」と表示します。

「入手」の下に非常に小さく「App内課金」と表示しています。

App内課金

画面を下方向にスワイプすると、「App内課金について」という項目があります。

App内課金

「App内課金」についての詳細が記されていて、「App内課金」には4種類があると記されています。

「消費型」とは必要時に毎回購入しないとならないゲームの通貨(コインや宝石など)、「非消費型」とは広告の削除やゲームの完全版のためのロックの解除など、「自動更新のサブスクリプション」とはApple Musicのような月額定額料金が生じるもの、「継続なしのサブスクリプション」とは一定期間限定のシーズンパスのようなサブスクリプション。

サブスクリプションは料金がかかりますが、それ以外は基本的には無料である事が分かります。

詳細

具体的には、「App内課金」とは、ゲームをダウンロードすることは無料ですが、遊ぶためには「追加機能」が欲しくなり、それらは有料ということになります。LINEは無料アプリですが有料のスタンプがあります。

そのためにiPhoneには、例えば子供がゲームを楽しむためにこの「追加機能」を勝手に買うのをブロックする機能があります。

「App内課金」をブロックするには「設定」の「スクリーンタイム」をタップします。

スクリーンタイム

はじめてスクリーンタイムをタップすると次のように表示するので「スクリーンタイムをオンにする」をタップします。

「スクリーンタイムをオンにする」

「続ける」をタップします。

「続ける」をタップ

「これは自分用のiPhoneです」「これは子供用のiPhoneです」と表示するので「これは自分用のiPhoneです」をタップします。

「これは自分用のiPhoneです」

次の画面を表示します。「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。

コンテンツとプライバシーの制限

「これは子供用のiPhoneです」を選択した場合は以下のようになります。

「これは子供用のiPhoneです」

「休止時間」を表示するので、ここでは「あとで行う」をタップします。

「App使用時間の制限」を表示するので、ここでは「あとで行う」をタップします。

「コンテンツとプライバシー」を表示するので、「続ける」をタップします。

コンテンツとプライバシー

「スクリーンタイム・パスコード」の作成画面となります。これは通常のパスコードとは異なるパスコードで4桁のパスコードを入力します。再入力画面が表示するので同じパスコードを入力します。

4桁のパスコードを入力

「スクリーンタイム・パスコードの復旧」を表示するので、Apple IDを入力して右上のOKをタップします。

Apple ID

Apple IDのパスワードを入力して右上のOKをタップします。

パスワード

次の画面を表示します。「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。

コンテンツとプライバシーの制限

「コンテンツとプライバシーの制限」がオフになっています。

コンテンツとプライバシーの制限

オンにすると設定項目がアクティブになります。「iTunes及びApp Storeでの購入」をタップします。

コンテンツとプライバシーの制限

「App内課金」をタップします。

App内課金

「許可しない」をタップします。これで「App内課金」はブロックされました。

許可しない

LINEでコインチャージしようとするとブロックされます。

ブロック


menu

Copyright ©2014- rakumu Corp All Rights Reserved.
運営者>>web/seo 有限会社楽夢
お問合せ