iPhoneを紛失した際に探す方法を紹介します

iPhoneを探す方法

iPhoneには、iPhoneがなくなった場合にiPhoneを探す機能があります。何処かに置き忘れてしまった場合には大きな音を鳴らして探す事が出来たり、地図で所在地を確認出来たり、最悪を想定して個人情報を盗られる前に、情報を消去出来ます。

iPhoneを探すには、「iPhoneを探す」がオンになっている必要があります。紛失後では遅いので、この記事を読まれた時点でオンにする事をお奨めします。設定の「AppleID」、「探す」をタップして、「iPhoneを探す」をオンにします。

「iPhoneを探す」をオン

iPhoneには「探す」アプリがありますが、これはiPhone、iPad、iPodTouchからiPhoneを探す機能なのでiOS端末を複数持っている場合に使うためのアプリです。

「iPhoneを探す」アプリ

複数台のiOS端末を持っていなくても、Windowsのパソコンからも探す事が可能です。ブラウザーでiCloud.comを開き、Apple IDとパスワードでサインインします。

iCloud

iPhoneで次のように表示します。「許可する」をタップします。

「許可する」をタップ

確認コードを表示します。

確認コード

iCloudでは次にように表示するので、iPhoneに表示した確認コードを入力します。

確認コード

このブラウザを信頼しますか?と表示するので、「信頼する」をクリックします。

信頼する

iCloud.comが開きます。「iPhoneを探す」をクリックします。

iPhoneを探す

iPhoneの位置を確認します。

位置を確認

「iPhoneを探す」の画面を表示します。「すべてのデバイス」をクリックします。

iPhoneを探す

所有するAppleの端末を表示します。探したいiPhoneをクリックします。ここではiPhone 12 Proを紛失したと仮定しクリックします。

iPhoneを探す

iPhone 12 Proを表示します。「iPhoneを探す」では、サウンド再生、紛失モード、iPhoneを消去の3通りの操作を行えます。

「サウンド再生」では大きな音を出して、例えば家の中でなくした場合等に有効です。管理人も何度か、iPhoneが家の中で何処にあるのか分からなくなり、実際に音から探し出した事があります。

「iPhoneを消去」を行うと、全データを削除します。どうしても見つからなかった場合の最後の手段です。

サウンド再生、紛失モード、iPhoneを消去

「紛失モード」にすると、電話番号を入力する画面を表示します。

紛失モード

更に、自動的にメッセージが記入され、(編集可能)電話番号と共にiPhoneに表示します。つまり、見つけた人から連絡を待つ事が出来ます。

紛失モード

紛失したとされるiPhone 12 Proでは次のように表示します。

紛失したiPhone

iPhoneが無事戻るとApple IDのパスワード入力を求められます。更に2ファクタ認証も求められます。

iPhoneが無事戻る

iCloudメールには一部始終が送信されます。


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢