デフォルトアプリの変更方法

HOME > 基本操作 > デフォルトアプリの変更方法

iPhoneのデフォルトアプリの変更

iPhoneはiOS 14からデフォルトアプリを変更出来るようになりました。デフォルトアプリとは特定の操作をする際に常に使うアプリのことで、例えば、メールの文章にリンクがあり、それをタップすると常に同じブラウザアプリが起動してインターネットを表示しますが、そのブラウザアプリがデフォルトアプリです。

iOSのデフォルトアプリは、ブラウザアプリは「Safari」、メールアプリは「メール」となっています。Windowsの場合、デフォルトアプリは自分で好みのものに変更可能です。

デフォルトアプリを変更する事により、メールアプリを「Gmail」や「Outlook」に変更したり、ブラウザアプリを「Chrome」や「Edge」に変更出来るようになります。

ここでは、デフォルトブラウザアプリをMicrosoft Edgeに変更する方法を紹介します。Microsoft Edgeは、Windowsの標準ブラウザーです。

デフォルトアプリを変更するには、「デフォルト」にしたいアプリを「設定」から開きます。設定にあるアプリ一覧は下の方にあるので、スワイプします。アルファベット順になっています。

設定

「デフォルトのブラウズApp」がSafariになっているのでタップします。

デフォルト

このiPhoneにインストールされているブラウザアプリの一覧を表示するので、「Edge」をタップします。

ブラウザアプリの一覧

Edgeがチェックされました。以上で設定は完了です。

完了

受信したメールのリンクをタップします。

リンクをタップ

Edgeが起動してリンク先を表示します。

リンクを表示


menu
Copyright ©2014- rakumu Corp All Rights Reserved.
運営者>>web/seo 有限会社楽夢
お問合せ