iPhoneの電源ボタン

最も重要なiPhoneの電源ボタン

iPhoneを初めて使う場合には覚える事は多数あります。しかし、最初に必ず覚えければならないのは電源ボタンの使い方です。

iPhoneの電源ボタンは右側面上部にあります。尚、旧iPhone SEのみ本体の右上部にありました。

スリープ(真っ黒な画面)の状態から、電源ボタンを押す事により、「ロック画面」を表示します。「ロック画面」はホームボタンのあるiPhoneでは「ホームボタン」を押しても表示します。ホームボタンのないiPhoneでは画面をタッチしても表示します。

ホームボタンのあるiPhoneでは「ホームボタン」に触れたり、押したりして、ロックを解除して「ホーム画面」を表示させます。ホームボタンのないiPhoneではFace IDによりロックを解除して「ホーム画面」を表示させます。

電源ボタンとホームボタン。

電源ボタンとホームボタン

ロック画面とホーム画面。

ロック画面とホーム画面

「ホーム画面」を消すには電源ボタンを押します。「ホーム画面」が消えて画面が黒くなりますが、電源は切れていません。電話はかかるし、通知も表示します。

電源を切るには、ホームボタンのあるiPhoneでは、電源ボタンを長押しします。ホームボタンのないiPhoneでは電源ボタンと左側にある「ボリューム上げる」ボタンを同時に長押しします。

図のようにスイッチが現れるので、スイッチを右にスライドさせると電源が切れます。電話もかからないし、通知も表示しません。また、iPhoneがフリーズしたり、不具合が起こった時も電源を切り、再度電源を入れると回復する場合もあります。

電源を切る

電源を入れる時も電源ボタンを長押しします。Appleのロゴを表示し、暫くすると起動します。

起動

尚、「設定」の「一般」の一番下にある、「システム終了」をタップしても電源を切る事が出来ます。

「システム終了」をタップ


menu

Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢