iPhoneの機能制限パスコードとは?

機能制限パスコード

iPhoneには通常のパスコード以外に、「機能制限パスコード」というパスコードもあります。機能制限パスコードとは、親が子供に制限をかける機能である、ペアレンタルコントロール(parental controls)です。

機能制限パスコードによりアプリの動作をオン/オフが出来るようになります。機能制限を有効にするには、設定のスクリーンタイムをタップします。

スクリーンタイム

「スクリーンタイム・パスコードを使用」をタップします。

スクリーンタイム・パスコードを使用

「スクリーンタイム・パスコード」を入力します。通常のパスコードとは異なるものにします。スクリーンタイム・パスコードは4桁のみとなります。スクリーンタイム・パスコードも忘れないようにします。再入力があります。

スクリーンタイム・パスコード

スクリーンタイム・パスコードを忘れた場合、AppleIDを使ってリセット出来るようになっています。スキップさせる事も出来ます。

スクリーンタイム・パスコードを忘れた

設定まで戻り、スクリーンタイムをタップして「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。

コンテンツとプライバシーの制限

例えば「コンテンツ制限」をタップします。

コンテンツ制限

「スクリーンタイム・パスコード」が要求されます。つまり「スクリーンタイム・パスコード」を知らないと先には進めません。

スクリーンタイム・パスコード

「スクリーンタイム・パスコード」を入力すると次のように表示するので「Webコンテンツ」をタップします。

Webコンテンツ

標準は「無制限アクセス」になっているので「成人向けWebサイトを制限」をタップしてチェックする事により子供に成人向けWebサイトを見せなくする事が出来ます。

成人向けWebサイトを制限


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢