Apple Payの設定方法を説明します

Apple Payの設定

Apple Payとは、iPhone7以後のiPhoneに標準で装備される決済システムの事で、「Wallet」アプリに「Suica」やクレジットカードを登録して電子マネーとして使う事が出来ます。

「Suica」、「iD」、「QUICPay」が使えるお店や交通機関、アプリ内、オンラインショッピング等の支払いの際に、iPhoneかApple Watch Series 2をかざすだけで支払いが出来る大変に便利な機能です。

但し、お店や交通機関でかざして使えるのはiPhone7以後のiPhoneとApple Watch Series 2のみで、iPhone6以後のiPhoneとApple Watchはアプリ内、オンラインショッピングのみの対応です。

クレジットカードをApple Payに登録する

クレジットカードをApple Payに登録するには、「Wallet」アプリを起動させて、「カードを追加」をタップします。iCloudのパスワードを入力します。

Wallet

「続ける」をタップします。

続ける

カメラでクレジットカードを読み取ります。カードを置くと自動的に読み取ります。

読み取り

読み取りが終わると名義とカード番号を表示します。「次へ」をタップします。

写真/動画を選択

「カード会社と通信中」と表示すると、カードの持ち主を確認するためのSMSが送られてくるので、「認証コード」を入力します。「次へ」をタップします。

写真

「アクティベート完了」と表示すると完了です。「完了」をタップします。Apple Payでクレジットカードが使えます。

画像

SuicaをApple Payに登録する

SuicaをApple Payに登録するには、「Wallet」アプリを起動させ、画面右上の「+」をタップします。

Suica

Suicaをタップします。

Suica

Suicaカードに記載されている4桁の番号を入力し、「次へ」をタップします。

4桁の番号を入力

「同意する」をタップします。

同意する

Suicaカードが追加されました。「次へ」をタップします。

追加

Suicaが使えるようになりました。「完了」をタップして終わらせます。使うには特に何もする必要はありません。iPhoneの背面上部を改札でかざすだけです。

Suicaが使える


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢