iPhone 6の「カレンダー」アプリの使い方を説明します

「カレンダー」の使い方

iPhoneの「カレンダー」アプリは単なるカレンダーではなくスケジュール管理のためのツールです。
年、月、週、日の単位で表示可能でMicrosoft Outlook等とも連動出来ます。ホーム画面のカレンダーのアイコンは今日の曜日、日にちを表示しています。
尚、「カレンダー」アプリはiPhone 6とiPhone 6 Plusでは横向きの表示が異なります。ここではiPhone 6 Plusの表示を掲載します。

年表示(縦)去年や来年を見るには上下にスクロールさせます。

年表示

月表示(横)先月や来月を見るには上下にスクロールさせます。

月表示

週表示(横)先週や来週を見るには左右にスクロールさせます。

週表示

日表示(横)日にちの部分を左右にスクロールすると過去やこれからのスケジュールを確認出来ます。

日表示

カレンダーに予定を追加してみます。「カレンダー」アプリを起動して月表示(縦)にし、画面右上の+をタップします。

予定を追加

「新規イベント」の画面が開くので、最初にタイトルし、続いて開始日時と時刻、終了時刻を設定しますが、「開始」の部分をタップすると、日にち、時間を回転式のメニューを表示するので、希望の通り設定してから画面右上の追加をタップします。

新規イベント

スケジュールに反映されました。

反映

menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢