iPhone 6の「コンパス」アプリの使い方について説明します

「コンパス」の使い方

iPhoneの「コンパス」アプリは、方位を示す方位磁石と地面の傾きを測定出来る水準器として使う事が出来ます。地図アプリを普段は使いますので、方位磁石としては使う場面は少ないとは思います。尚、磁石の機能は「マップ」アプリと連動します。
「コンパス」アプリはiOSのアプリではなく、iPhone専用のアプリのようで、iPod TouchとiPadには付属していません。

コンパスはデスクトップにアイコンがあるのではなく、「便利ツール」フォルダーにアイコンがあります。

便利ツール

「コンパス」をタップすると位置情報を利用を許可するかと表示しますので、「許可」をタップします。

許可

画面をタップすると方向がロックします。赤い部分はロックした方向からのずれです。十字カーソルを中央に合わせると正確になります。XX°というのはiPhoneが指している方向となります。

ロック

北緯XX° 東経XX°という部分をタップすると、「マップ」アプリが起動してiPhoneが向いている方向の現在地の地図を表示します。コンパスに戻るをタップすると戻ります。

方向

水準器として使う場合は「コンパス」アプリで左にスワイプさせます。

スワイプ

ずれが角度として表示します。水準器を使う場面はそう多く無いと思いますが、管理人の場合、熱帯魚が趣味ですので、水槽の設置の際に役立ちそうです。(水槽は水平な場所に設置するものです)

水平

ずれが無くなり、水平になると画面が緑になり0°と表示します。

水平

画面を長押しすると、赤くなり相対的な傾きを示すようになります。

相対的

menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢