iPhoneをストップウォッチやタイマーにする方法を説明します

iPhoneをストップウォッチやタイマーにする

iPhoneはストップウォッチやタイマーにすることも出来ます。ストップウォッチは時間を計測するようなスポーツで重宝しますし、タイマーはカップ麺でお湯を入れてからの時間を計ったり、麺類を茹でる際に重宝します。小さな機能ですが、知っておくと便利な機能です。ストップウォッチやタイマーは「時計」アプリの機能の一つです。

ストップウォッチ

ストップウォッチを使うには、画面下部の「ストップウォッチ」をタップするとストップウォッチとなります。「開始」をタップし計測します。

ストップウォッチ

計測を終える時は「停止」を、中間タイムを計測したい場合は「ラップ」をタップします。ラップは複数入れる事が出来ます。

ラップ

リセットをタップするとリセット出来ます。

リセット

タイマー

画面下部の「タイマー」をタップするとタイマーになります。カップ麺を食べるために3分と設定し、「開始」をタップします。レーダーをタップすると通知音を設定出来ます。

タイマー

好みの通知音を設定します。

警告音

タイマーが鳴ったら、「タイマー終了」をタップして終わらせます。

タイマー終了


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢