iPhone 6の「リマインダー」アプリの使い方について説明します

「リマインダー」の使い方

リマインダーとは、iPhoneのToDoアプリです。
ToDoアプリとは、しなくてはならない事、忘れてはならない事などを管理するものです。
「リマインダー」アプリは、単なるToDoアプリのみならず、時間になったら知らせてくれたり、指定した場所に近づいたら知らせてくれるといった便利なスケジュールアプリです。

次のようにホーム画面に通知します。

通知

ロック画面にも表示します。図はiPadです。

表示

「リマインダー」アプリを開くと次にように表示します。右上の「+」をタップします。「新規リスト」の部分が編集フィールドになっています。

編集フィールド

ここでは熱帯魚関連のリマインダーを作成してみることにします。タイトルを入力し色を選択し、「完了」をタップします。

作成

図の部分をタップすると入力フィールドになります。

入力

ここでは「エンゼルフィッシュ購入」と入力しました。入力後「i」をタップします。

入力後

「指定場所で通知」をオンにし、「場所」の部分をタップします。

場所

検索フィールドにお店の名前を入力すると、一覧に店名と住所を表示します。

一覧

一覧にある店名をタップすると地図を表示しますので、「到着時」をタップします。左上の「詳細」をタップします。

到着時

場所が到着時のお店になっています。この設定によりお店に到着した際に画面に通知します。

通知

指定日時からも設定出来ます。「指定日時」をオンにすると希望の日にちと時刻を設定出来ます。

指定日時

設定した日にち、時刻になるとが画面に通知します。

通知

menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢