AirDropの使い方について説明します

AirDropの使い方

AirDropの設定

AirDropとは、近くにあるiPhoneやiPad等のiOSの端末やYosemite以後のOSXのMacと、写真やビデオを共有出来る機能です。

AirDropはアプリとしてホーム画面にアイコンがある訳ではなく、「コントロールセンター」にAirDropを設定する箇所があります。また、AirDropを利用するにはWi-FiとBluetooth をオンにする必要があります。
「コントロールセンター」を表示するには、ロック画面ないし、ホーム画面からiPhone画面の下部から上方向にスワイプさせます。コントロールセンターが表示したら、AirDropをタップします。

AirDrop

「すべての人」をタップします。

すべての人

次のように表示します。共有したい全ての端末でこの操作を行います。AirDropの設定は完了です。

完了

AirDropを使う(送る側)

写真を共有する場合、共有したい写真を選択して図の部分のアクションアイコンをタップします。

アクションアイコン

AirDropをタップします。

AirDrop

相手のアイコンをタップします。

アイコン

AirDropを使う(受ける側)

ここでは受ける側でiPad miniを使ってみます。
相手の端末で次のように表示しますので「受け入れる」をタップします。

受け入れる

写真を共有出来ました。

共有

menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢