iPhoneのAirDropの使い方を説明します

AirDropの使い方

AirDropとは、近くにあるiPhone同士(iPad、iPod touch、Macでも可能)で写真などのデータを簡単にやりとり出来るApple独自の機能です。

しかし、AndroidやWindowsは使えません。AirDropにより、LINEやメールを使わなくても写真を共有出来てしまいます。同窓会などで利用する場面が多いです。

AirDropの設定

AirDropを使うためには、AirDropを使う全てのiPhoneでAirDropをオンにします。iPhoneの画面を下から上にスワイプさせてコントロールセンターを表示させ、図の部分を強く押します。AirDropを表示するのでタップします。

AirDrop

「すべての人」をタップすると前の画面に戻り、AirDropが有効になっています。ホームボタンを押して戻ります。この操作をAirDropに参加しる全てのiPhoneで行います。

すべての人

AirDropから送る

送りたい写真を選択して左下のアイコンをタップします。

ストレージプランを変更

AirDropの画面を表示します。

容量

暫くするとAirDropを利用出来るiPhoneを検出するのでタップします。

購入

AirDropで受ける

受信した側のiPhoneでは次のように表示するので「受け入れる」をタップします。

パスワード

写真を受信し、写真を表示します。

完了

写真を送信したiPhoneでは「送信済み」と表示します。

完了

iOS10までのAirDrop

iOS10までのAirDropはコントロールセンターのここにありました。現在のものと大きく異なっています。従い、iOS10でAirDropを使っていた人はバージョンアップによりAirDropは無くなったと思った人もいるようです。

iOS10


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢