iPhoneの機内モードについて説明します

機内モードとは

機内モードとは、通話やデータ通信、Wi-Fi、Bluetooth、GPS、位置情報サービスの全ての通信機能をオフにする事です。一般的には飛行機に乗る際や病院で行う対応です。

具体的にどのような影響があるのかと言うと、電話が使えない、インターネットが使えない、メールが使えない、「マップ」アプリが使えない、という事になります。
通信機能をオフにしても音楽を聞いたり、ゲームで遊んだり、電子書籍を読んだりする事が出来ます。
尚、「機内モード」にするとバッテリーの消費を抑える事が出来ます。スマホを2台持ちしている場合等、有効かもしれません。充電する際も「機内モード」にしておくて早く充電出来ます。

機内モードにするには、「設定」の一番上にある「機内モード」をオフにします。「機内モード」になると画面左上のアイコンが飛行機になります。

機内モード

あるいは、「コントロールセンター」にある「機内モード」をオンにします。

機内モード

「マップ」アプリも通信が遮断されるため図のように使えません。

マップ

機内モードであってもWi-Fiを使う事は可能です。外国に持って行く際に有効です。「機内モード」をオンの間々、Wi-Fiをオンに出来ます。

外国

又、Apple WatchやBluetooth対応ヘッドフォンを使いたい場合は機内モードであってもBluetoothも使う事は可能です。

Bluetooth

menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢