iPhoneのAssistiveTouchの使い方を説明します

AssistiveTouchの使い方

AssistiveTouch(アシスティブタッチ、手助けタッチ)とは、音量の調節や通知センターやコントロールセンターの表示、ホームボタンなどの操作を画面上に専用のボタンを表示し、楽な操作が行える機能です。従来両手を使わないと操作出来ない、スクリーンショットやピンチイン/ピンチアウト等も片手で操作する事が出来ます。

標準ではオフになっていますので、最初にオンにする必要があります。「設定」、「一般」、「アクセシビリティ」をタップし、下方向にスワイプすると「AssistiveTouch」があるので、タップします。

AssistiveTouch

AssistiveTouchをタップしてオンにします。

オン

ホーム画面にAssistiveTouchのアイコンが表示します。アイコンをタップしたまま指でスライドさせて自由な所に設置する事が出来ます。

アイコン

AssistiveTouchのアイコンをタップすると次の画面を表示します。「ホーム」はiPhoneのホームボタンと同じ機能があります。どのアプリからもAssistiveTouchの「ホーム」をタップするとホーム画面に戻ります。

ホーム

通知、コントロールセンター、Siriがそれぞれ起動します。

起動

カスタムをタップすると次の画面を表示して、ピンチやダブルタップといったカスタマイズされた設定を行う事が出来ます。戻るには真ん中の←をタップします。

カスタム

デバイスをタップすると次の画面を表示して、画面ロック、画面の向きを変更、ボリューム、ミュート、その他について設定出来ます。戻るには真ん中の←をタップします。

デバイス


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢