バッテリーの節約について説明します

バッテリーの節約

iPhoneを使いこなすようになると、バッテリーの消費が気になります。バッテリーを節約するには様々方法がありますが、ここでは簡単で現実的な節約方法を紹介します。

明るさの自動調節をオフにする

iPhoneは画面の明るさを標準では自動的に調整しています。確認するには、「設定」、「画面の表示と明るさ」をタップします。
図は明るい場所にあるiPhoneです。

自動的に調整

暗い場所に移動すると図のように自動的に明るくなります。

明るく

この機能は「明るさの自動調節」がオンになっているためで、適切な明るさに手動で設定した上で、「明るさの自動調節」をオフにする事によりバッテリーの節約になります。

バッテリーの節約

コントロールセンターの設定

コントロールセンターからWi-Fi機能オン/オフ、Bluetooth機能オン/オフ、AirDropのオン/オフの設定が出来ます。
外出時はWi-Fiをオフにすることによりバッテリーが節約出来ますし、ネットにアクセスすると毎回近隣のWi-Fiルーターを検出してうざいです。
Bluetoothの機器を使っていないのであれば、常時Bluetoothはオフにしておくと節約出来ます。
AirDropを使う場面は少ないと思いますので、常時オフにしておいたほうが良いでしょう。
コントロールセンターを表示させ、「Wi-Fi」、「Bluetooth」、「AirDrop」をそれぞれオフにします。但し、Wi-Fiは自宅に戻ったら必ずオンにすることが必要です。忘れるとパケットが無駄になります。

コントロールセンター

メールの受信方法

iPhoneのメールの受信方法には「プッシュ」と「フェッチ」があり、標準ではプッシュになっています。
プッシュとは、リアルタイムで新着メールをメールを受信出来る方法で、常に自動でメールを受信出来る状態になっているためバッテリーを消費しやすいそうです。
フェッチとは、15分ごと、30分ごと、1時間ごとと一定時間で受信するか、あるいは手動で受信する方法です。
そこで受信方法をフェッチに変更して手動でメールを受信するように設定します。「設定」、「メール/連絡先/カレンダー」をタップして、「データの取得方式」をタップします。

「プッシュ」と「フェッチ」

「プッシュ」をオフにし、フェッチを「手動」をタップして選択します。

手動

位置情報サービスをオフする

位置情報サービスはGPS機能を使うためバッテリーを消費します。地図やポケモンGOを使わないのであればオフにしたり、アプリを個別にオン/オフの設定が出来ます。
「設定」、「プライバシー」をタップして、「位置情報サービス」をタップします。

位置情報サービス

位置情報サービス自体ををオフに設定します。

オフ

アプリを個別にオン/オフの設定が出来ます。

オン/オフ

通知をオフにする

通知センターやロック画面に表示する通知機能は、アプリごとに設定できます。 通知をオフにするとバッテリーの節約になりますし、Facebookの通知が多いと、うざく感じることもあります。

通知をオフ

アプリの通知をオフにするには、「設定」、「通知」をタップします。

通知をオフ

Facebookの通知をオフにするには、Facebookをタップし、「通知を許可」をオフにします。

通知をオフ

この操作によりFacebookの通知を表示しなくなります。

Facebookの通知をオフ

menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢