iPhoneのiCloudキーチェーンについて説明します

iCloudキーチェーン

iCloudキーチェーンとは、iPhone等(iOSデバイスとMac)にユーザIDとパスワードを記憶させる機能です。SafariのユーザIDとパスワード、クレジットカート、SNSのユーザIDとパスワード等を自動的に入力する事が出来ます。又、パスワードを自動的に作成する機能もあります。複数の端末で同一のApple IDを使うとiCloudと同様に自動的に同期します。

iCloudキーチェーンを使うには

iCloudキーチェーンを使うには、「設定」、「Apple ID」、「iCloud」をタップします。

「iCloud」をタップ

キーチェーンをタップします。

キーチェーンをタップ

「iCloudキーチェーン」をタップしてオンにします。

「iCloudキーチェーン」をタップ

パスワードを自動入力させる

パスワードを自動入力させるには、「設定」、「パスワードとアカウント」をタップして、「パスワードを自動入力」をタップしてオンにします。

パスワードを自動入力

ユーザIDとパスワードの確認

一度、ユーザIDとパスワードを手動で入力するとその情報は「iCloudキーチェーン」に格納されます。「設定」、「パスワードとアカウント」をタップして、「WebサイトとAppのパスワード」をタップします。

「WebサイトとAppのパスワード」をタップ

Touch IDのiPhoneなら図のように、Face IDならFace IDで認証されます。

認証

ユーザIDとパスワードを記憶しているサイトの一覧を表示します。確認したいサイトをタップします。

サイトの一覧を表示

ユーザIDとパスワードを表示します。

ユーザIDとパスワードを表示

ユーザIDとパスワードを自動入力させる

ユーザIDとパスワードを自動入力させるには、ユーザIDとパスワードの入力を求められるサイトにアクセスすると図のように表示します。図の部分をタップします。

自動入力

Touch IDのiPhoneなら図のように、Face IDならFace IDで認証します。

認証

自動的にユーザIDとパスワードが入力されます。

自動入力

明細を確認出来ます。

明細を確認

パスワードを自動的に作成させる

インターネットを利用しているとどうしても複数のパスワードを作成しなくてはならず、適当にするとセキュリティの問題があり、常にやっかいな問題です。

ところが、iPhone等(iOSデバイスとMac)には「iCloudキーチェーン」という機能を使ってパスワードを自動的に作成する機能があります。

但し、この機能には弱点があります。桁数が変更出来ない、記号が入るという点で、桁数制限があったり、記号は不可というサイトでは利用出来ません。修正を希望します。

パスワードを自動的に作成させるには、パスワードの入力を促されるサイトにアクセスして、メールアドレスを記入後、図の部分をタップします。

パスワードを自動的に作成

「新しいパスワード候補を表示...」をタップします。

新しいパスワード候補を表示

パスワードを表示するので、「推奨されたパスワードを使用」をタップします。

推奨されたパスワードを使用

パスワードが自動的に入力されました。

パスワードが自動的に入力

「パスワードを保存」をタップします。

パスワードを保存

これで、iCloudキーチェーンにIDとパスワードは保存されました。「設定」、「パスワードとアカウント」をタップして、「WebサイトとAppのパスワード」をタップして先ほどのサイトをタップすると、ユーザ名とパスワードが保存されています。

パスワードを保存


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢