パスコードと指紋認証の設定方法を説明します

パスコードと指紋認証

パスコードとは、iPhoneでのロック画面を解除するパスワードの事です。
通常のパスコードは4桁の数字ですが、複雑なパスコードにする事も可能です。
パスワードでロックしておくのは必須だと思います。パスワードロックが無ければ誰もがiPhoneの中身を見る事が出来てしまうからです。そのため、得に重要なデータがiPhoneにあるのなら、パスワードもより複雑にしておくべきとも言えます。

パスコードを設定するには、「設定」にある「Touch IDとパスコード」をタップします。「パスコードをオンにする」をタップします。

パスコード

4桁の数字のパスコードを2回入力します。

4桁の数字

パスコードがオンになりました。

パスコード

これでロック画面を解除する際にパスコードの入力が必要となります。

入力

複雑なパスコードにする

4桁の数字のパスコードでは不安視する方もいるでしょうし、パスコードを複雑にしておけば安心です。複雑なパスコードにするには、「簡単なパスコード」をオフにします。

複雑なパスコード

4桁のパスコードを入力すると、新しいパスコードの入力画面を表示します。ここでは英数字と大文字小文字を使えます。桁数には制限が無いようです。2度入力します。

パスコード

これでロック画面を解除する際に複雑なパスコードの入力が必要となります。

複雑なパスコード

指紋認証(Touch ID)の設定

iPhone6には指紋センサーであるTouch IDが装備されています。指紋認証であれば、複雑なパスワードより、より堅牢な保護になりますし、複雑なパスワードをより複雑にしておくと、忘れてしまうといった事も考えられます。そのため、Touch IDによる指紋認証の設定を行うべきです。まず、Touch IDを設定するには「パスコード」を設定しておく必要があります。Touch IDを設定するには、「設定」にある「Touch IDとパスコード」をタップしパスコードを入力し、「指紋を追加」をタップします。

Touch ID

次の画面を表示しますので、この画面を参考にホームボタンをタッチします。

ホームボタン

画面の指示に従いタッチを続けていきます。

タッチ

完了すると次の画面を表示しますので、「続ける」をタップします。

続ける

「iPhoneのロックを解除」と「iTunes & App Store」(iTunes & App Storeも指紋で認証出来ます)がオンになっている事を確認しておきます。

iTunes

ロック画面を表示している間にホームボタンにタッチする事でロック解除出来るようになります。

ロック解除

menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢