iPhoneでありがちなトラブル対応について説明します

困った際の対応

アプリを終了させる

iPhoneのiOSではアプリを起動して、ホームボタンを押して、閉じてもバックグランドには残っています。そのため非常に多くのアプリを起動すると、バックグランドにはそれらが残っている状態となり、所謂、「重い」状態になってしまう場合があります。

また、アプリに不具合が生じたならば閉じる必要があります。WindowsではCtrl+Alt+Deleteキーでタスクマネージャからアプリを終了させますが、iOSでは至って簡単です。

まずは、ホーム画面からホームボタンを2回押します。但し押すタイミングは慣れないと難しいようで、「タッタタッタ」では駄目、長押しするとSiriが起動するので、「ツーンツーン」といった感じです。

マルチタスク画面と呼ばれるアプリがサムネイルになった状態を表示します。

サムネイル

終了させたいアプリのサムネイルを画面上部にスワイプします。

スワイプ

アイコンが震えてアプリが起動出来ない

アイコンをタップする際、ホームボタンを長押ししてしまうとアイコンが震えて左上にXが付きタップしてもアプリが起動しなくなってしまいます。

アイコンの長押しは、アプリを削除したり、アイコンを移動させたり、ドックのアイコンを入れ替えたりする際に使います。そのような状態になったら、ホームボタンを再度押すと直ります。

ホームボタンを長押し

画面(回転)が縦にロックした

iPhone 6/7 PlusではiPadのようにホーム画面でも横向きになります。

横向

iPhone 6/7 Plus以外のiPhoneではホーム画面は横向きにはなりませんが、アプリによっては横向きになります。図はSafariです。

横向

ところがある日突然に画面が縦にロックし横向きにならなくなってしまう場合があります。これは誤って「コントロールセンター」の「画面の向きロック」をかけてしまったからです。画面の下部から上にスワイプさせ「コントロールセンター」を表示させ「画面の縦向きのロック」がオレンジ色になっているとロックがかかっているという意味です。

ロック

ボタンをタップするとグレーになり、ロックは解除されます。

解除

iPadでは「コントロールセンター」以外にも「設定」、「一般」にある「本体横のスイッチの機能」にある「画面の向きをロック」をチェックすることによりロックのオン/オフが可能です。

iPad

menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢