iPhoneの不具合の対応について説明します

iPhoneの不具合の対応

iPhoneが遅くなった、重く感じられるといった不具合が生じた際の対応方法を紹介します。

iPhoneを再起動する

一番単純な方法は電源を一度切り、再度電源を入れる再起動です。

iPhoneを再起動するには本体右横ないし上にある電源ボタンを長押しします。

スライドさせて電源を切り、暫くしてから再度、電源ボタンを長押しします。リンゴのロゴが現れると起動します。

再起動

あるいは、「コントロールセンター」の「一般」の一番下にある「システム終了」でも電源を切る事が出来ます。

再起動

アプリを終了させる

Windowsはアプリの右上の×をクリックすると閉じますが、iPhoneのiOSはアプリを起動し、ホームボタンを押すと画面からアプリは消えますが、バックグランドにアプリは残っている状態で、所謂、「重い」状態になってしまう場合があります。

そのため、日頃から「お掃除」の感覚で、蓄積したアプリを終了させていると不具合が生じづらくなります。

ホーム画面からホームボタンを2回押します。押すタイミングは慣れないと難しいようで、「タッタタッタ」では駄目、長押しするとSiriが起動するので、「ツーンツーン」といった感じです。マルチタスク画面と呼ばれるアプリがサムネイルになった状態を表示します。

マルチタスク

終了させたいアプリのサムネイルを画面上部にスワイプさせると消えます。

マルチタスク

アイコンが震えてアプリが起動出来ない

アイコンをタップする際、誤って長押ししてしまうとアイコンが震えて左上にXが付き、この状態だとタップしてもアプリが起動しなくなってしまいます。

アイコンの長押しは、アプリを削除したり、アイコンを移動させたり、ドックのアイコンを入れ替えたりする際に使います。このような場合、ホームボタンを再度押すと直ります。

アイコン

画面(回転)が縦にロックした

ある日突然に画面が縦にロックし横向きにならなくなってしまう場合があります。これは誤って「コントロールセンター」の「画面の向きロック」をかけてしまったからです。画面の下部から上にスワイプさせ「コントロールセンター」を表示させ「画面の縦向きのロック」がオレンジ色になっているとロックがかかっているという意味です。

ボタンをタップすると白くなり、ロックは解除されます。

ロック

Safariのタブを閉じる

Safariでインターネットを閲覧していると「タブ」という機能により複数のタブが開いていきます。これもマルチタスク同様にメモリを消費し不具合の原因となります。タブも「お掃除」の感覚で閉じておくと不具合が生じづらくなります。

タブを閉じるには画面右下の図の部分をタップします。

タブ

次のように表示するので、タブの左上の×をタップするとタブは消えます。不要なタブを消します。

タブ


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢