COCOAログチェッカー

HOME > アプリの使い方 > COCOAログチェッカー

コロナ陽性者が近くにいたかを確認できる「COCOAログチェッカー」の使い方

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のログデータを解析して、コロナ陽性者が近くにいたかを確認できる「COCOAログチェッカー」の使い方を説明します。「COCOAログチェッカー」はiPhoneのアプリではありません。専用サイトとなります。COCOAログチェッカーで必須なのはCOCOAアプリとBluetoothがオンになっている事です。

COCOAで濃厚接触とみなされるのは「1メートル以内の距離、かつ15分以上」の条件が満たされる場合です。「陽性者との接触は確認されませんでした」以外の表示を見た事は数少ないのではないでしょうか。しかし、これで完全に安心なのでしょうか?

「COCOAログチェッカー」では、Bluetoothの電波が届く10~30mの範囲内にコロナ陽性者がいたかが分かります。

「COCOAログチェッカー」を使うには、最初にSafari等で「COCOAログチェッカー」を開いておきます。

COCOAログチェッカー

「設定」にある「接触通知」をタップします。

接触通知

「使用中」をタップします。

使用中

「接触通知の記録を書き出す」をタップします。

接触通知の記録を書き出す

「コピー」をタップします。

コピー

「COCOAログチェッカー」を開き「ここにログファイルをペーストしてください」にペーストします。

ペースト

「チェックする」をタップします。

チェックする

「結果:」の項目に「1件の新規陽性登録者」が近くにいた事が分かりました。

「説明:の項目に記載されていますが、感染リスクは低いものの、感染症対策を万全に期することが推奨されています。

新規陽性登録者


menu
Copyright ©2014- rakumu Corp All Rights Reserved.
運営者>>web/seo 有限会社楽夢
お問合せ