iPhoneの「メモ」アプリの基本的な使い方について説明します

「メモ」アプリの基本的な使い方

iPhoneの基本アプリである「メモ」アプリの使い方の基本について説明します。パソコンにはWord等のワープロソフトで文書作成しますが、iPhoneにはワープロソフトは付属しておらず、文書を作成する場合は、一般的には「メモ」アプリを使う事になります。

「メモ」アプリの使い方の基本

メモアプリを起動すると次のように表示します。メモを作成するには、右下のアイコンをタップします。

メモを作成

メモを記入出来るようになります。1行目にメモのタイトルを入力します。タイトルはフォルダの一覧から見られます。

メモを作成

2行目から本文を記入します。保存するには右上の「完了」をタップします。

メモを作成

保存すると次のように表示します。左上の「フォルダ」をタップすると戻ります。

メモを作成

「メモ」アプリはiPhoneを横向きにしても利用出来ます。

横向き

作成したメモはiCloudの「メモ」というフォルダにあります。

作成したメモ

フォルダを作成してメモを整理する

メモを多く作ると何処にあるのかが分からなくなります。パソコンのデスクトップにファイルを多く置くと何処にあるのかが分からなくと同じです。そこでフォルダを作成して関連するメモを整理すると一目瞭然に出来ます。

フォルダを作成するには、左下のアイコンをタップして、ここではiCloudをタップします。

フォルダを作成

新規フォルダの名前をフィールドに入力して「保存」をタップします。

フォルダを作成

「ペット」フォルダが作成出来ました。

フォルダを作成

フォルダにメモを作成したり、フォルダにメモを移動する

メモはフォルダに作成したり、後からフォルダに移動させる事が出来ます。

フォルダにメモを作成するには、メモを作成したいフォルダをタップして、右下のアイコンをタップします。

メモを作成

メモを作成して「完了」をタップすると、フォルダにメモがあります。

メモを作成

フォルダに移動させるには、移動させたいメモを左にスワイプして、真ん中のアイコンをタップします。

フォルダに移動

移動させたいフォルダをタップします。メモは移動します。

メモは移動

メモを削除する、削除したメモを復元させる

メモは削除出来ます。削除すると「最近削除した項目」フォルダに仕分けられ、30日間保存されます。「最近削除した項目」フォルダから削除すると完全に削除出来ます。又、「最近削除した項目」フォルダからメモを復元させる事も出来ます。

メモを削除するには、削除したいメモを左にスワイプして、右のアイコンをタップします。削除されます。

メモを削除

削除されたメモは「最近削除した項目」フォルダに仕分けられています。完全に削除するには左にスワイプして、右のアイコンをタップします。X件のメモを削除をタップすると完全に削除されます。

完全に削除

削除したメモを復元させるには、復元させたい左にスワイプして、左のアイコンをタップします。復元させたいフォルダをタップします。メモは復元します。

メモは復元


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢