iPhoneの「拡大鏡」の使い方について説明します

「拡大鏡」の使い方

iPhoneには拡大鏡という機能があります。Windowsにも拡大鏡はありますが、それは単にパソコン上の画面を拡大するものです。しかし、iPhoneでは本物の拡大鏡となります。

老眼の管理人にとっては重宝な機能で、例えばwifiのSSIDや暗号キーなどを確認する際、字がとても小さく見えづらいため、iPhoneの拡大鏡は役立ちます。

拡大鏡を利用出来るようにするには設定の「アクセシビリティ」をタップし、「拡大鏡」をタップします。

アクセシビリティ

「拡大鏡」をオンにします。

「拡大鏡」をオン

どの画面からでも、Face IDの無いiPhoneはホームボタンをトリプルクリック(素早く3回押すこと)し、Face IDの有るiPhoneはサイドボタンを3回押すと拡大鏡が起動します。ボタンをタップすると写真撮影出来ます。

トリプルクリック

次のように拡大して見る事が出来ます。

イメージ

コントロールセンターからも操作出来ます。設定の「コントロールセンター」で「拡大鏡」を追加します。

コントロールセンター

コントロールセンターに拡大鏡のアイコンが追加されタップすると起動します。

コントロールセンター


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢