Google ドライブ

HOME > アプリの使い方 > Google ドライブ

iPhoneのGoogle ドライブ

「Googleドライブ」は、Googleの提供する15GBまでは無料で使えるオンラインストレージサービスで、一般的にはWindowsから利用しますが、アプリをインストールすることによりiPhoneからも利用出来ます。

普段、WindowsでGoogle ドライブを使いこなしている場合、iPhoneから利用出来るという事は活用できるシーンが多大にあります。例えば、Windowsで作成したExcelやパワーポイントのファイルをiPhoneから閲覧出来て、編集も出来ます。又、写真をiPhoneにアップロードすればiPhoneの写真編集機能で編集も出来ます。

Google ドライブのダウンロード、インストール

iPhone用のGoogle ドライブもApp Storeからダウンロード、インストールします。インストール後、アプリを起動したら「ログイン」をタップし、Google アカウントとパスワードを入力します。

ダウンロード、インストール

使った順序でファイルを表示します。

ファイルを表示

Excelの閲覧、編集

ExcelファイルをタップするとWindowsと同様にファイルを表示します。「Google スプレッドシートで編集」をタップします。

Excelの閲覧、編集

アプリで開くを表示するので、「Google スプレッドシート」の入手をタップします。App Storeが開き、「Google スプレッドシート」の入手の画面を表示するのでダウンロード、インストールします。

Excelの閲覧、編集

Google スプレッドシートのインストールが完了して再び「Google スプレッドシートで編集」をタップするとExcelを編集出来るようになります。

Excelの閲覧、編集

ファイルのアップロード

ファイルをiPhoneにアップロードするのは少々面倒です。「ファイル」アプリと連携する必要があります。ファイルアプリにダウンロードして、写真アプリに保存する形となります。

右下の「ファイル」をタップします。Google ドライブのルートフォルダーから表示するので、アップロードしたいファイルまでフォルダーをタップします。

「ファイル」をタップ

アップロードしたい写真が見つかったら、右側にある「・・・」をタップします。

アップロードしたい写真

「アプリで開く」をタップします。

「アプリで開く」をタップ

「"ファイル"に保存」をタップします。

「

「iCloud Drive」をタップして「保存」をタップします。

「iCloud Drive」をタップ

「ファイル」アプリを開き、アップロードしたい写真をタップします。

「ファイル」アプリ

左下のアイコンをタップします。

「ファイル」アプリ

「画像を保存」をタップします。

「画像を保存」をタップ

以上で写真アプリに保存されます。

写真アプリに保存


menu
Copyright ©2014- rakumu Corp All Rights Reserved.
運営者>>web/seo 有限会社楽夢
お問合せ