iPhoneの「コンパス」アプリの使い方について説明します

「コンパス」の使い方

iPhoneの「コンパス」アプリは、方位を示す方位磁石として使う事が出来ます。以前は地面の傾きを測定出来る水準器もコンパスから計測出来ましたが、iOS14では「計測」アプリから使うようになっています。尚、iPadには「コンパス」アプリ付属していません。「計測」アプリは付属しています。

コンパスはデスクトップにアイコンはありません。フォルダー「Extras」の中にアイコンがあります。フォルダーをタップします。「ユーティリティ」というフォルダーの場合もあります。(iOS14.3)

フォルダー

「コンパス」アイコンがあるのでタップします。

コンパス

最初に「コンパス」をタップすると「位置情報の使用を許可しますか?」と表示するので、「許可」をタップします。

許可

方位磁石として使うには、+を中央の十字カーソルに合わせます。

方位磁石

ぴたりと収まるとOKです。方角が決まった後に画面をタップすると方向がロックします。赤い部分はロックした方向からのずれです。ロックした方向は、再度画面をタップすると解除できます。

北緯XX° 東経XX°という部分をタップすると、「マップ」アプリが起動してiPhoneが向いている方向の現在地の地図を表示します。高度も知る事が出来ますが、高度を表示しない機種もあります。

「マップ」アプリが起動

画面左上の「コンパス」をタップすると戻ります。

地図

尚、Appleのホームページには基本的なナビゲーションを支援する目的のみで使用するように記載があります。性格な位置、方向などを特定する場合は信頼しないよう記載されています。


menu
Copyright ©2014- www.windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢